アイキララは目の下のクマを解消できると話題ですが、すべての種類のクマを解消できるのでしょうか?





実はアイキララは目の下のクマの種類によって効果がある場合と効果がない場合があるそうなのでご注意を!

目の下のクマには大きく分けて3種類あります。


☆茶クマ ➡ 色素沈着などが原因

☆青クマ ➡ 血行不良などが原因

☆黒クマ ➡ 皮膚のたるみ、くぼみなどが原因


「茶クマ」は紫外線から受けたダメージや目をこすったりするなどの刺激で色素沈着を起こしクマができている状態です。

なので茶クマはクマ対策というよりもシミ対策をする必要があります。

アイキララにも「ハロキシル」という色素沈着に有効な成分が含まれているそうなのですが、これは血行不良からくる色素沈着に効果があるものですから、紫外線や刺激によるシミには効きません。

したがって、クマがシミによる茶クマの場合はアイキララは効果なしと思った方がいいと思います。

「青クマ」は目の下にうっすら青っぽく広がっているもので、これは目の周りに集まる毛細血管が透けて見えている状態で血流の滞りと目の下の皮膚の薄さが原因のクマです。

血行不良であればホットマスクなどで目を温めあげれば解消できますが、皮膚の薄さはなかなか改善が難しいですよね。

しかしアイキララには、内側から目の下をふっくらさせる有効成分が配合されていますから、目の下の皮膚の薄さを改善にも効果を発揮します。

「黒クマ」は目元の皮膚がたるんだり痩せることで目の下にくぼみなどができてしまうもので、これは加齢が原因により目の周りのハリや弾力が低下するといわれています。

アイキララは、この黒クマに最も効果的とされていてる「MGA」というビタミンC誘導体の一種である有効成分が目のくぼみや皮膚痩せによるたるみを内側から持ち上げてくれます。

アイキララの効果を実感できるのは、青クマか黒クマということになります。



青クマや黒クマへの効果を実感できるアイクリーム『アイキララ』のお申し込みはこちら >>